漫画家志望

漫画家志望でニートは武器になる

漫画家志望でニートは武器になる

漫画家志望の中にはニートの人もいるかと思います。

自分の意思でニートをしている人もいれば、意図せずニートになっている人もいるでしょう。

今回の記事では、そんなニートの人たちも、漫画家志望であればそれが武器になるという事について書いていこうと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容

  • 漫画家志望でニートは武器になる
  • マイナス面もある
  • 期間を決めてニートをするのがおすすめ

になります。

これだけだとよく分からないと思うので、下記でもう少し詳しく書いていこうと思います。

本記事の信用性

ぼくは10年くらい漫画家志望で漫画を描いているのですが、その中で自分がニートだったら

「漫画活動がはかどるのになー」

と何度も思いました。

なので、本記事の信用性に繋がるかなと思っています。

ぼくについて詳しく知りたい方はプロフィールをご覧ください(*^^*)

\新人漫画賞の受賞を目指している方必見!/

新人漫画賞を受賞する方法を見る

受賞経験者のぼくが完全解説しています!

漫画家志望でニートは武器になる理由

漫画家志望でニートは武器になる理由

漫画家志望でニートは武器になる理由を3つこれから説明していきますね!

時間に余裕がある

1番のメリットはやはりニートは時間に余裕がある所です!

学校や仕事などなにもしてないわけですからそりゃそうですよねw

でも、それが他の漫画家志望と違い武器になるのです!

学校や仕事などをしていると、通学通勤時間、休憩時間、色々含めて1日で大体10時間くらい漫画以外の事で時間を取られます。

それが1ヶ月20日通学通勤したとしたら200時間も取られている計算になります。

それが1年続けば200×12で2400時間です。

なので、ニートの人は普通に通学通勤してる人よりも1年で2400時間も漫画に時間を費やせる余裕があるのです!

これってめちゃくちゃでかいですよね?

体力にも余裕がある

ニートだと体力にも余裕が出ます!

通学通勤をすると家に帰った時には疲れて、漫画をやろうという気力が出ない時もありますよね?

けどニートはなにもしてないのでそれが全くありません!

常に元気です!

なので毎日漫画に100%体力を使えるわけです。

悩みが少ない

通学通勤をしていると、必ず人間関係や仕事関係などで悩みが生じてきます。

ニートの人も悩みがない訳では無いでしょうが、通学通勤している人たちよりは悩みが少なくてすみます。

悩みが少なくていいと言うのは精神的にも楽です。

余計な事を考えなくてすむわけですから、漫画制作もその分はかどります。

マイナス面もある

マイナス面もある

ここまでニートの良いところばかりを書いてきましたが、当然マイナス面もあります。

世間的評価が低い

当然、通学も通勤もしてないわけですから世間的に見ると評価は低いです。

自分はニートと言えば、大抵バカにされて笑われますよね?

年齢が上がれば上がるほど世間の目も気になると思います。

得るものが少ない

〇経験

学校や会社などに行き、生活を続けていると、その中で友人関係や仕事関係などの色々な経験ができます。

その経験は漫画などにもいきてくるわけですが、ニートだとそれがありません。

〇友人

大体の人が学校や会社で友人を作ります。

当然、そういう場に行っていないと友人もその分少なくなります。

〇収入

あと働いてないので当然収入もないです。

貯金を切り崩すか、親のスネをかじらないと生活していけません。

なので、ずっとニートをするのは生活していくのを考えるとまずいでしょう。

期間を決めてニートをするのがおすすめ

期間を決めてニートをするのがおすすめ

マイナス面もあるので、期間を決めてニートをするのをぼくはおすすめします。

友人がいないとか、学歴が無いとかは将来の事を考えるとまずいと思うので、高校や大学までは普通に通学して卒業した方がいいでしょう。

それ以降は期間を決めてニートをするのが漫画家志望なら最強です!

さすがに、ずっとニートなのは上記でも書いたのですがさすがにまずいので、ここからここまでみたいな期間を決めてニート生活をしましょう。

そうすれば

  • 時間に余裕がある
  • 体力に余裕がある
  • 悩みが少ない

など、漫画を描く上で邪魔なものを取り払えるので漫画制作がはかどると思います!

なのでニートの人、あるいはこれからなろうとしてる人は決めた期間の間に漫画家デビューを目指しましょう(*^^*)

\新人漫画賞の受賞を目指している方必見!/

新人漫画賞を受賞する方法を見る

受賞経験者のぼくが完全解説しています!

本記事は以上になります。

-漫画家志望

© 2021 ヤスマンガブログ Powered by AFFINGER5