専門学校

おすすめの漫画専門学校5選

おすすめの漫画専門学校5選
悩んでいる人
おすすめの漫画専門学校はどこ?

今回はこのような疑問に答えていこうと思います。

本記事の内容

  • 漫画専門学校で学べる事
  • おすすめの漫画専門学校5選
  • 漫画専門学校で使用するデジタルソフトの種類にも注目!
  • 漫画専門学校は東京と大阪どちらがおすすめ?
  • 実家から通いたい場合は?

本記事を最後まで読めば、おすすめの漫画専門学校はどこなのかを理解することができ、自分に合った漫画専門学校を選べるようになると思います。

漫画専門学校で学べる事

漫画専門学校で学べる事

漫画専門学校では以下のようなことを学べます。

  • 漫画を描くための基礎的な知識や技術
  • 新人漫画賞を受賞するためのテクニック
  • 漫画業界の知識

詳しく下記で説明しますね。

漫画を描くための基礎的な知識や技術

漫画を描くためには、色々な知識と技術が必要になってきます。

漫画道具は何を使えばいいのかや、原稿用紙の使い方、デッサンなど。

ぼくは独学で漫画を描き出したのですが、これらを独学で学ぼうとするとめちゃくちゃめんどくさいし大変でした…

その点、漫画専門学校に通うとプロの漫画家が講師をしている事が多いので、プロからそれらを自動的に身につける事ができます。

また、間違った知識や技術を学んでしまうというリスクもなくなります。

新人漫画賞を受賞するためのテクニック

漫画の基礎的な知識や技術だけでなく、新人漫画賞をどうすれば受賞できるのかなども指導してもらえます。

持ち込みや投稿前に、プロから添削指導を受けられるので、受賞する確率も上がる事間違いなしです。

漫画業界の知識

プロの漫画家が講師をしているので、授業中に漫画業界の知識を得る事ができます。

また出版社の編集者が来校し、講義してくれる事もあります。

漫画業界の生の声を聞く経験は、独学だとなかなかない事なので貴重だと思います。

おすすめの漫画専門学校5選

おすすめの漫画専門学校5選

では、本題のおすすめの漫画専門学校について紹介したいと思います。

漫画専門学校ってたくさんあって、どこを選べばいいか迷いますよね?

なので、今回はぼくがおすすめする5校に絞って、それぞれの特徴を説明しながら紹介していこうと思います。

では、さっそく説明していきますね!

アミューズメントメディア総合学院

こちらの学校については、下記の記事で評判や学費など詳しく説明しているのでぜひご覧下さい。

アミューズメントメディア総合学院とは【チャンスが多い学校です!】
アミューズメントメディア総合学院とは【チャンスが多い学校です!】

続きを見る

無料の資料請求や体験入学などは下記のホームページからどうぞ。

>>アミューズメントメディア総合学院公式ホームページはこちら

ヒューマンアカデミー

こちらの学校については、下記の記事で評判や学費など詳しく説明しているのでぜひご覧下さい。

ヒューマンアカデミーはどんな学校?
ヒューマンアカデミーはどんな学校?

続きを見る

無料の資料請求や体験入学などは下記のホームページからどうぞ。

>>ヒューマンアカデミー公式ホームページはこちら

大原学園

大卒資格を取れる

高校生の人で、専門学校に行くか大学に行くか迷っている人は大原学園がおすすめです。

大原学園には大学併修サポート制度というものがあり、大学との併修により、大原で学習しながら大学も卒業できます。

大卒の資格があると、就職する際に優遇されるので、あると安心できると思います。

学費免除制度がある

大原学園には独自の奨学生制度があります。

試験を受けた結果次第や、高校在学中に取得した資格、クラブ活動の成績などによって最大で160万円の学費免除を受けれます。

また、大原学園は国の教育ローンや、日本学生支援機構の奨学金を受けることができる学校です。

学生寮や賃貸マンションを紹介してもらえる

大原学園指定の学生寮や賃貸マンションを紹介してもらえます。

ぼくは一人暮らしをしているのですが、住む家を数ある中から選ぶのはめんどくさかったです。

そのめんどくさい作業を減らせるので、一人暮らしを考えている人は助かると思います。

無料の資料請求や体験入学などは下記のホームページからどうぞ。

>>大原学園公式ホームページはこちら

代々木アニメーション学院

歴史がある

1978年からやってきているという実績があります!

今までの卒業生は12万人もいます。

歴史があるということはちゃんとした学校という証明にもなります。

デビューまでのサポートがある

代アニの外部営業の専門部署が、あらゆる業界関連企業と交渉を行い、年間500枠もの就職・デビューチャンスを提供してくれます!

また随時、大手出版社による個別審査会や、就職ツアーなどを開催し、就職やデビューのチャンスを大きく広げてくれます。

関連施設でのアルバイト紹介がある

代々木アニメーション学院では「天王州 銀河劇場」をはじめ「代アニLIVEステーション(LIVEハウス)」や「代アニLIVEBASE西麻布」など様々な授業用施設を保有しています。

人員に空きがある場合は、これらの施設でのアルバイトを学生からも募集し、在学中からプロの現場により近い環境でのアルバイト経験をつめるようになっています。

住居サポートや奨学制度もあり

こちらも住居サポートがあり、出願時期によって最大20万年の学費免除がされるAO入学もあります。

また、10万円免除される母子父子家庭進学支援制度など、代アニ独自の学費免除制度もあります!

無料の資料請求や体験入学などは下記のホームページからどうぞ。

>>代々木アニメーション学院公式ホームページはこちら

バンタンゲームアカデミー

100%現役プロ講師

一般的な専門学校の現役プロ講師の割合はおよそ33%です。

それに比べてバンタンゲームアカデミーの現役プロ講師の割合は100%です。

現役で活躍している人から教えてもらえるのは、吸収できることも多く、嬉しいことだと思います。

「プロになるにはプロに学ぶ」が開校から続くバンタンのこだわりです。

実践的なカリキュラム

実践的なカリキュラムが組まれているのも特徴です。

全体の授業のおよそ86%が実習です。

スポーツとかでもそうですが、講義などで技術などをただ聞くだけよりも、実際にやりながら勉強した方が身につきます。

これによって、生徒の考える力と対応力が育まれます。

少人数制授業

バンタンは少人数制授業を行っています。

普通の専門学校が1クラス40から50人程度に比べて、バンタンは15から25人!

少ない人数で授業を行うことで、生徒一人ひとりに丁寧なサポートを講師が行えるようになります。

革新的な映像教材

4500以上の授業がいつでもどこでも、何度でも見放題です。

映像とリアル授業で、徹底した指導を行っています。

無料の資料請求や体験入学などは下記のホームページからどうぞ。

>>バンタンゲームアカデミー公式ホームページはこちら

漫画専門学校で使用するデジタルソフトの種類にも注目!

漫画専門学校で使用するデジタルソフトの種類にも注目!

近年では、漫画をデジタル作画で描く人も増えてきています。

それに伴い、漫画専門学校でもデジタル作画を身につけるための授業を取り入れる傾向が増えました。

学校選びをする際は、カリキュラムや講師陣を見るだけでなく、「ソフトの種類」にも注目しましょう。

同じグラフィックスソフトでも、製品が異なれば使い方も大きく変わってきます。

漫画業界で広く使われているソフトについて学んでおけば、あなたが将来漫画を描く際や、アシスタント作業する際に役立ちます。

漫画専門学校は東京と大阪どちらがおすすめなの?

漫画専門学校は東京と大阪どちらがおすすめなの?

漫画専門学校を選ぶ際に、東京と大阪のどちらにしようか迷う人もいるかと思います。

なので、ここではどちらがおすすめなのか詳しく説明していきたいと思います。

基本的には東京の漫画専門学校がおすすめ

基本的には東京の漫画専門学校の方がおすすめです。

なぜかというと以下の点が挙げられます。

チャンスが多い

出版社の多くは東京にあるので、東京の漫画専門学校の方が多くの出版社が講評会などに参加してくれると思います。

見てくれる数が多いとそれだけあなたの漫画を気に入ってくれる編集者と出会う可能性も上がります。

選べる学校が多い

東京は漫画専門学校の数も多いので、自分の気に入った学校が見つかる可能性が高いです。

高い学費を払うのだから妥協はしたくないですよね。

アシスタントに通いやすい

漫画専門学校にはプロの漫画家の講師もいるので、あなたの技術が高ければアシスタントに誘われることもあるかもしれません。

その場合に、多くの漫画家は東京に住んでいるので、東京に住んでいるとアシスタントに通いやすいです。

アシスタントはバイト代わりにもなるし、知識や技術を学べるしで一石二鳥です。

イベントが多い

学校ではないですが、プライベートの面で東京は原画展や展示会などの漫画関係のイベントが多いです。

そういう場に行く事で、プロの漫画家などの知識や技術を学べ、漫画創作するための刺激にもなります。

プライベートの面で大阪の漫画専門学校は魅力がある

基本的には東京の漫画専門学校がおすすめなのですが、大阪の方が良い人もいます。

大阪は関西弁など独特のその街にしかない雰囲気があります。

テレビもお笑い系が多いですし、漫画にはあまり関係ないですが、プライベートの面でそういうのを求めている人は大阪の方が良いのかなとは思います(*^^*)

あとは、お笑い系の番組が多いのでギャグセンスを磨きやすいです。

ギャグ漫画家を目指している人は、大阪の方がいいかもしれませんね。

大阪の漫画専門学校なら大阪アミューズメントメディア専門学校がおすすめなので、興味のある方は下記の記事をどうぞ。

大阪アミューズメントメディア専門学校とは【徹底解説します!】
大阪アミューズメントメディア専門学校とは【徹底解説します!】

続きを見る

実家から通いたい場合は?

実家から通いたい場合は?

実家から通うなら東京、大阪に絞らず、近い所を選べばいいと思います。

ぼくは一人暮らしをしながら漫画を描いているのですが、家賃を払うために長い時間仕事をしなければいけないです。

仕事と家事で時間を取られ、疲れもたまる…

そういう面を考えると、実家にいた方が漫画家を目指すなら効率が良いのかなと思います。

なので、実家暮らしをしながら漫画専門学校に通えるなら、地方の専門学校だとしてもそれがベストだと思います。

おすすめした5校の中で、全国に漫画家を目指すコースがある学校は下記の2つなので、東京と大阪以外に実家がある人は、下記の学校をおすすめします。

まとめ:漫画専門学校は実家から通える所がおすすめ!

まとめ:漫画専門学校は実家から通える所がおすすめ!

おすすめの漫画専門学校を5つ本記事では紹介してきましたが、時間や体力面を考えると実家から通える学校が1番おすすめです。

もちろん人によっては、一人暮らしをしながら漫画専門学校に通った方がいい人もいると思います。

そういう人は、上記で紹介した5校から自分に合った学校を選んでみてください。

入学する前にさらに詳しくその学校について知るために、各学校のホームページから無料の資料請求や体験入学を申し込みするのをおすすめします。

本記事は以上になります。

-専門学校

© 2021 ヤスマンガブログ Powered by AFFINGER5