専門学校

漫画専門学校の学費はどのくらい?【夜間・通信コースなら安くすみます!】

漫画専門学校の学費はどのくらい?【夜間・通信コースなら安くすみます!】
悩んでいる人
漫画専門学校の学費はどのくらいなんだろう?

今回はこのような疑問に答えていこうと思います。

本記事をおすすめしたい人

  • 漫画専門学校の学費がどのくらいか知りたい人
  • 漫画専門学校の学費を安く抑えたい人
  • 漫画専門学校の夜間・通信コースに興味のある人

本記事の内容

  • 漫画専門学校の学費はどのくらい?
  • 学費を減額する方法もある
  • 学費が安い漫画専門学校は?
  • もっと安くすませたいなら夜間・通信コースがおすすめ!
  • 漫画専門学校の夜間・通信コースのデメリット
  • 夜間・通信コースがあるおすすめの漫画専門学校

本記事を最後まで読めば、漫画専門学校の学費について詳しく知ることができ、減額方法など安くすませる方法も理解できると思います。

漫画専門学校の学費はどのくらい?

漫画専門学校の学費はどのくらい?

漫画専門学校の学費は大体1年でどの学校も100万くらいは最低かかります。

高いと思うかもしれませんが、文系の私立大学も4年で約400万平均でかかるので1年で計算すると同じくらいになります。

大学で勉強する代わりに、専門学校で漫画にだけ集中して勉強できると考えると納得できるのかなと思います。

学費を減額する方法もある

学費を減額する方法もある

漫画専門学校の学費は高いのには変わりないので、減額方法も大体の学校は用意してあります。

学校によってあるものと無いものがあると思いますが、ここでは多くの学校にあるであろう3つの減額方法を紹介したいと思います。

AO入学制度

書類選考だけではわからないあなたの特性や意欲、目的意識などを学校側で適切かどうかを判断し、入学を決める方法です。

特待生制度

特待生制度とは、夢に対する意欲があり将来有望な人に対して、学費を免除し学業を手助けする制度です。

新聞奨学生制度

学業だけでなく、朝夕の新聞配達も行う事で、学費の大部分、または全額を奨学金として奨学会が負担してくれます。

卒業まで続けることで奨学金の返済は不要になります。

ただし、朝夕の新聞配達を学業とは別にやると体力面で大変だったり、自由時間が取りづらかったりと色々大変だと思うので、学費面ではメリットが大きいですが、そこは頭に入れておいた方がいいです。

学費が安い漫画専門学校は?

学費が安い漫画専門学校は?

なるべく学費が安い専門学校を選びたいですよね?

なので、漫画専門学校の中で学費が安い学校をおすすめするとしたら、大原学園の中の

東京アニメーター学院専門学校

をおすすめします!

学費は2年で184万円になります。

詳しく知りたい方は

東京アニメーター学院専門学校公式ホームページ

をどうぞ。

もっと安くすませたいなら夜間・通信コースがおすすめ!

もっと安くすませたいなら夜間・通信コースがおすすめ!

もっと学費を安くすませたいなら夜間・通信コースがおすすめです。

理由は以下の4つです。

  • 学費が安い
  • 短期間で必要最低限の知識と技術を身につけられる
  • 仕事や学業などとの両立ができる
  • 少人数クラス

下記で詳しく説明していきますね!

学費が安い

とにかく夜間・通信コースは、どの漫画専門学校も一般のコースよりも学費が安いです!

何十万も学費が安くなるので、必要最低限の知識と技術だけ学べればいい人は夜間・通信コースを選んだ方がいいかもしれません。

短期間で必要最低限の知識と技術を身につけられる

夜間・通信コースは半年や1年しか期間がないので、短い期間で最低限の知識と技術を身につけられるようにカリキュラムが組まれています。

漫画の原稿制作などの時間を少しでも長く取りたい、細かい技術は自分で勉強できる人などは助かると思います。

仕事や学業などとの両立ができる

夜間・通信コースは時間に余裕ができるので仕事や学業との両立ができます。

なので、大学生や社会人の人は夜間・通信コースを選べば、時間的な余裕を取りながら漫画の勉強ができると思います。

少人数クラス

夜間・通信コースは少人数クラスが多いので、生徒数が少ない分、講師の先生に一人一人細かく指導してもらえたり、周りの生徒とも仲良くなりやすいのでそういう面ではおすすめです。

漫画専門学校の夜間・通信コースのデメリット

漫画専門学校の夜間・通信コースのデメリット

漫画専門学校の夜間・通信コースには以下のようなデメリットも存在します。

  • 夜の時間に遊びづらくなる
  • 昼間働いている人はハードになりがち
  • 1人で勉強する時間が多くなる

下記で詳しく説明しますね!

夜の時間に遊びづらくなる

漫画専門学校の夜間コースは、夕方や夜から授業が始まります。

なので、通常コースよりも学校終わりに遊びに出かけたりするのが難しくなると思います。

そういった面で、クラスメイトとコミュニケーションを取りづらいというのはあるかもしれません。

昼間働いている人はハードになりがち

夜間コースを選ぶ人の中には、昼間に仕事をしている方も多いと思います。

昼間に働いて、夜に学校に通うとなるとスケジュールがハードになりがちです。

なので「自分は絶対漫画家になるんだ!」という強い意志を持ちながら、夜間コースに通うのを心がけるのが大切です。

1人で勉強する時間が多くなる

夜間・通信コースは通常コースに比べて、1人で勉強する時間の方が多いです。

なので、わからない事をすぐに講師の先生に聞けなかったり、趣味や遊びなどに気持ちが移り、やる気が無くなってしまったりしやすいと思います。

夜間・通信コースがあるおすすめの漫画専門学校

夜間・通信コースがあるおすすめの漫画専門学校

夜間・通信コースに通いたい方は「ヒューマンアカデミー」という漫画専門学校がおすすめです。

おすすめする理由は以下になります。

  • 漫画家デビューにこだわったカリキュラムがある
  • 多くの出版社や編集者とマッチングするチャンスがある
  • 講師は現役プロ漫画家
  • 全国15ヶ所に校舎があるので実家から通いやすい
  • 今なら無料の資料請求をするだけで「魅力的なキャラクターの描き方ガイドブック」をプレゼント

詳しく知りたい方は、下記のホームページをどうぞ。

ホームページから無料の資料請求もできます。

>>ヒューマンアカデミー公式ホームページはこちら

まとめ:漫画専門学校の学費は文系私大と同じくらい【安くすませたい人は夜間・通信コースがおすすめ!】

まとめ:漫画専門学校の学費は文系私大と同じくらい【安くすませたい人は夜間・通信コースがおすすめ!】

漫画専門学校の1年あたりの学費は、上記で説明した通り、文系私大の1年あたりの学費と同じくらいです。

それを払う価値があると思う人は、一般コースに通えば漫画の知識と技術を満遍なく学べると思います。

そんな額払えない、もしくは払う価値ないよという人は、学費の安い夜間・通信コースがおすすめです。

本記事は以上になります。

-専門学校

© 2021 ヤスマンガブログ Powered by AFFINGER5