漫画家

漫画家の睡眠時間はどのくらいなの?

漫画家の睡眠時間はどのくらいなの?
悩んでいる人
漫画家の睡眠時間はどのくらいなのかな?

今回はこのような疑問に答えていこうと思います!

本記事の内容

  • 漫画家の睡眠時間はどのくらいなの?
  • 睡眠不足は寿命を縮める
  • 睡眠時間が短くても平気な人もいる
  • 睡眠時間を長くとりつつ漫画家を続ける方法

このような内容について本記事では詳しく説明していきたいと思います!

本記事を最後まで読めば、漫画家の睡眠時間はどのくらいなのかを理解でき、睡眠不足により寿命が縮むのを防ぐ改善策も理解できるようになると思うので、人生を長く楽しむ事に繋がると思いますよ(*^^*)

\新人漫画賞の受賞を目指している方必見!/

新人漫画賞を受賞する方法を見る

受賞経験者のぼくが完全解説しています!

漫画家の睡眠時間はどのくらいなの?

漫画家の睡眠時間はどのくらいなの?

漫画家の睡眠時間は人によって違ってきます。

速筆やストーリーなどがはやく決めれる人は、その分睡眠を取りやすいです。

逆に、上記の事が遅い人はその分睡眠時間が短くなります。

その他には、かけ持ちで漫画を連載している人やアシスタントが少ない人などは、その分作業時間が増えるので睡眠時間が取りにくくなります。

雑誌の刊行ペースによっても睡眠時間の取りやすさは変わります。

当然、月刊誌よりも週刊誌の方がハードスケジュールなので、睡眠時間が短くなりがちです。

以上の事から、漫画家の睡眠時間は一概にこのくらいとは言いきれず、その人次第という事になります。

睡眠不足は寿命を縮める

睡眠不足は寿命を縮める

睡眠時間は漫画家によって違う事は上記で説明しましたが、忙しいからといって睡眠時間を削っていると寿命を縮めることに繋がります。

本記事を書いているぼくは、夜の11時から朝の9時までのバイトをしていた時期がありました。

昼夜逆転の生活をしていたからなのか帰って寝てもすぐに目がさめてしまい、睡眠時間が短いからなのか頭痛が毎回起こっていました(´△`)

身体もめちゃくちゃだるく、まさに寿命が縮んでいる感じでした!

今はそのバイトは辞めたので健康ですけどね(*^^*)

漫画家でいうと、手塚治虫先生の睡眠時間は3~4時間で、漫画の締切が迫ると何日も徹夜が続くこともあったみたいです。

そのせいかはわかりませんが60歳という早さで亡くなられています。

逆に「ゲゲゲの鬼太郎」の作者の水木しげる先生はどんなに忙しくても10時間は寝ていたそうです。

漫画家という早死にが多い職業なのにも関わらず93歳まで長生きされました。

それは睡眠時間を日頃から長く取るように心がけていたからかもしれませんね(*^^*)

睡眠時間が短くても平気な人もいる

睡眠時間が短くても平気な人もいる

睡眠時間が短いからと言って、全ての人が寿命が縮まるわけではありません。

人には「ショートスリーパー」といって、短い睡眠時間でも健康に害がなく、元気に過ごせる人たちがいます!

睡眠専門医の多くは、睡眠時間は遺伝子レベルで決められているため、必要な睡眠時間を縮めるのは不可能だと指摘しているみたいです。

なので、ショートスリーパーだと感じている人は漫画家に向いている体質かもしれませんね(*^^*)

ちなみにショートスリーパーの割合は人口の5%~10%らしいです!

睡眠時間を長くとりつつ漫画家を続ける方法

睡眠時間を長くとりつつ漫画家を続ける方法

ショートスリーパーの人はほぼいないと思うので、ここでは睡眠時間を長くとりつつ、漫画家を続ける方法について紹介したいと思います!

漫画制作の効率化

漫画にかける時間が短くなれば、それだけ睡眠時間も長くとれます(*^^*)

その為には漫画制作のデジタル化がおすすめです!

ベタ塗りやトーンなどの仕上げ作業や背景などがアナログに比べて短い時間で終わらせる事ができるようになると思います!

最近では、デジタルで漫画を描くプロの人の方が多いのも、効率化を狙っているからだと思うので、デジタル化を考えている方は下記の記事を参考にしてみてくださいね(*^^*)

関連記事
漫画業界はデジタル化がどんどん進む?【アナログ制作のままだとやばいかも・・・】
漫画業界はデジタル化がどんどん進む?【アナログ制作のままだとやばいかも・・・】

続きを見る

漫画制作のスケジュール化

漫画家志望者の場合は、いつまでに漫画を仕上げればいいという明確な締切がありません。

なので、疲れたからまた今度というようにだらだら漫画制作してしまう人も多いと思います。

そういう人は「何時から学校やバイト」などと同じように「何時から漫画作業をする!」と明確に決めておけば行動しやすくなると思います。

漫画家になれた場合も同じです!

スケジュールを決めて、その通りに行動するようにする事で時間の無駄を省け、仕事が早く終わり睡眠時間を長くとれるようになります!

まとめ:睡眠時間は身体のために長くとりましょう!

まとめ:睡眠時間は身体のために長くとりましょう!

睡眠時間は漫画家によって違いますが、大抵の人は短い時間だと寿命を縮めたり体調を悪くします!

そうならない為にも、漫画制作のデジタル化などの効率化を考えて、なるべく長く睡眠時間をとれる環境を作りましょう(*^^*)

\新人漫画賞の受賞を目指している方必見!/

新人漫画賞を受賞する方法を見る

受賞経験者のぼくが完全解説しています!

本記事は以上になります。

-漫画家

© 2021 ヤスマンガブログ Powered by AFFINGER5